結婚式はするべきか?という問いに対して自分の中で出せた結論

2016/11/03

人気ブログランキングへ

山口誠一郎さんの結婚式にご招待頂き、
名古屋に向かいました!
前日の夜から名古屋入りして、
この日のためにしっかり充電出来ました^^

山口さんとはインターネット関連のビジネスモデルを
藤沢涼さんから学んだ時に、
同じクラスメート的な立場で切磋琢磨するようになり、
対談動画など、動画作りを研究するようになったのがきっかけで、
それから交流をさせて頂けるようになりました。



【参考】山口さんのブログはこちら

当時ネット関係はお互い一緒に勉強していた段階でしたが、
山口さんは店舗ビジネスなどで大成功されている方でしたので、
聞けるお話は本当に勉強になることばかりでした。


年齢は一回りほど違いますが、そんな僕にも素敵な心遣いを
様々な場面でして頂けることには本当に感謝ですし、
自分も山口さんのような器の大きな人間になりたいと思っています。
 スポンサードリンク

ヒルトンでの結婚式・披露宴の様子

IMG_2917
IMG_2930
IMG_2937
山口さんの素晴らしい人柄を様々な所で再認識させられる
本当に素敵な結婚式・披露宴でした^^
この時間を共有させて貰えて本当に幸せです!

IMG_2976
IMG_2975
藤沢さんの生ピアノ演奏も初めて聴けましたし、
じ〜んとくる、素敵な曲でした。
『永遠への誓い』、名曲です…!!

【参考】藤沢さんのブログはこちら


結婚式・披露宴をするべきだと感じた瞬間

IMG_2953
『ナシ婚』という、入籍はしたけれども式は挙げない
という層を指す言葉があるそうで、
今、自分の周りにいる友人でも、
結婚式をやりたがらない人が少なからずいて、
自分もそこまで積極的に考えてはなかったのですが、

山口さんの結婚式に招待して頂き
考え方が大きく変わりました。


今までは何故そんな形式張った事を
しなければならないんだろうとすら考えていたのですが、
やっぱりいずれは行いたいものですね。

そう強く感じる事が様々な場面であったのですが、
特に両親へのメッセージを伝える時、
その重要性を再認識させて貰えました。
山口さんのメッセージを聞いてると、ついつい涙が…^^;

照れくさい…というのもあるのかもしれませんが、
私たちは日常的に周囲のお世話になっている方に対して、
感謝の言葉や気持ちを伝えることって、なかなか出来ませんよね。


それを一つの形にしてくれるのが、こう言った場でしょうし、
『結婚式をすることが親孝行』
という言葉の意味が理解出来たような気がしました。

これは自分の中では大きな学びでしたが、
他にも山口さんから勉強させて貰えた事はまだまだありましたし、
起業家としての先輩であり、人生の先輩でいらっしゃる山口さんから
これからも色々とご教示頂ければ嬉しく思います。

この度は本当におめでとうございます!
末長く、お幸せに!!


あとがき

この日は結婚式、披露宴の出席の予定で、
その日のうちに帰るはずだったのですが
急遽、二次会・三次会も飛び入りで参加させて頂くことになりました。
(幹事さんの方々、本当にありがとうございます!)

ビンゴ大会などがあったのですが、
誰よりも早くリーチがかかったので皆の前に立つことになったのに、
1つもビンゴにならず終了というオイシイ?経験が出来ました笑

そして結局帰りの新幹線も逃して
ホテルを取って名古屋で合計2泊することになり、
翌日はのんびりと名古屋散策をして帰ることに。


時間に余裕が出来たので、
うな丼もしっかり堪能してきました。笑

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

-思考・視点, 気付き・学び

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1
ブログのアクセス強化!私が実践して効果があった教材・情報を共有します

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer ...

2
何故、フィリピン人家政婦の評価は高いのか?

日本人は、 『綺麗好き』で『掃除嫌い』という ちょっと変わったデータが出ています ...

3
スタンフォード監獄実験から見る“役割作り”

仕事であっても、プライベートであっても どんな分野でも人間は“役割”を演じていま ...

4
メルマガ始めて早3年。良かったこと、失敗したこと

メルマガを書き始めて早3年が経ちました。 書き始めは右も左も分からない状態で、 ...

5
脱・時間貧乏!成長したい人が本当に求めるべきものは“孤独”なのかもしれない。

人との関わりやつながりなどが 重要視されている昨今ですが 私はそう言った時代だか ...