情報を仕入れて、各地に全国配送。

Info Buyer Online

Photo By: fotologic

思考・視点 時間管理 気付き・学び

高められない集中力・注意力を引き出す〜世界的に有名な心理学者の著書から学んだ考え方

投稿日:

仕事に取り組む時に「どれだけ集中できるか」で作業効率が大きく変わってきますが、作業をサクサクこなし、ミスが少ない人は「集中力が高い」「注意力がある」と言った感じで評価されることも多いですよね。

その逆に「集中力がない」「注意力が散漫」という評価を受けている方もいらっしゃるでしょうし、それに悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。でもそういう人って別に好きで集中力がなかったり、注意不足になってる訳ではなくて、本人としてはめっちゃ真面目に仕事に取り組んでることもあるんですよね。でも周りからはネガティブな評価を受けるという……。

ということで、今日はそんな「集中力や注意力」の話なんですけど、
元々ある集中力や注意力を更に高めるって、実は超難しいってご存知でしたか?

なので私たちはこれらの要素を手っ取り早く引き上げるためには、
「集中力や注意力を高める努力する」というものとは別の視点を持つことが重要になる、ということなんです。

スポンサーリンク

「見えないゴリラ(the invisible gorilla)」から学べること

最近読んだ本で「錯覚の科学」というものがあり、そこでは「見えないゴリラ(the invisible gorilla)」という有名な実験を紹介しています。

 この実験は数十人の学生を集めてバスケットボールの試合をビデオで見せて、選手の「パスの回数」を数えてもらうというものですが、実験の本当の目的は「ゴリラが見えるかどうか」です。試合の最中にゴリラの着ぐるみを着た学生が堂々と横切るのですが、半数の人たちは、そのゴリラに気付かなかったのです。

日本経済新聞(2012/2/23)「見えないゴリラ」に投資行動を学ぶ

実験内容に関しては検索すれば出てくる内容なのでこれ以上の詳細な解説は割愛しますが、これにより私たちがいかに日頃から無意識に様々な情報を遮断しているかが分かります。

面白いのがこの後全く同じ実験を「被験者に携帯電話を使用してもらいながら」行ったところ、更にゴリラの着ぐるみを着た学生を見つけることができた割合が下がったというデータが出てきます。

そして著者は「注意力を分散しすぎることで予期せぬことを見逃す」と言った内容を述べているのですが、自分は個人的にはここが1番面白いなぁと感じました。

もともと持っている集中力・注意力は高めることは難しい

つまり集中力や注意力は「高める」のではなく「分散させすぎない」ことが重要になってくるのです。

仕事でも日常生活でも「〇〇をしながら××をして□□を確認しつつ〜〜」といったことをしなければならない局面もあるかと思います。オフィス内でもAの資料を集めながら、B社と電話をして、、、といった同時進行しなければならないケースもあることでしょう。この項目が多くなれば多くなるほど1つ1つの集中力や注意力が欠けてしまうため、思わぬミスが生じたり、作業効率が逆に悪くなったりします。
 
 
そういえば以前にヒックの法則から見る、やらないことを決める意義という記事を作成していました。
ここでは「リストアップした内容を改めてみた時に、その数が膨大だと返って何から始めればいいかがわからなくなる」といったニュアンスの記事を作成しています(良かったら見てみてね!笑)

こういったデータや研究を確認してみても、1日のタスクを消化不良を起こすほど埋め込むのであればむしろ多少の暇を作れるほどの余裕を持った動きをしていった方が無駄なく管理ができるんじゃないか?と思うわけです。
 
 
もちろん全てが全て誰かに任せることができる訳ではないと思います。
納期が迫っていたりなどで仕方なく「ながら」でやらなければならない局面もあるかもしれません。ですがあまりに詰め込みすぎると、目の前のタスクのクオリティが疎かになってしまうことも忘れないようにしたいものです。

もしグループで動いている時は誰かに状況を共有してミスを防ぐ努力をすることも大切でしょうし、恥ずかしいと感じるかもしれませんが先方などに状況を伝えることも、大きなミスを防ぐ上では重要な局面になることもあるでしょう。その後に取り返しのつかないミスを犯すよりは遥かにマシです。
(自分もサイト運営をしていく際に、自分で行う必要がない仕事は極力誰かに任せるようにしたり、自分の中で詰め込みすぎない所は心がけていこうと思っています。)

こんな感じでタスクをこなす時は「集中力や注意力をいかに分散させすぎないか」「分散させすぎた集中力・注意力のリカバリーをどのようにするか」が求められているんじゃないかなぁと思うわけです。

不要な動きを減らしていくことが実は集中力を引き出し、注意力を研ぎ澄ますことができ、作業効率を高めることができるってのは今後の生活の知恵として取り入れていきたい考え方ですね……!

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!


人気ブログランキングへ

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1

Info Buyer Onlineのブログも少しずつ進化してきましたね。 今更感満載ですが、やっと自分の中で「読み込める感じ」になってきたような気がしてます。 最初はアメブロ(今はサブブログという形式 ...

2

仮想通貨元年という言葉も浸透し、 暗号通貨に関心をお持ちの方も今では珍しくなくなってきたように感じます。 自分も今BTCだけでなくETHやXRP、XEMなどを少額ですが持って運用していますが、 他の投 ...

3

「検索力」という言葉を考えるようになった今日この頃なのですが、 最近ネットの情報の信憑性が物凄く高いものと ゴミクズみたいな記事との二極化が進んでいるように感じています。 というのもこんな記事を読んだ ...

4

facebookやTwitter、Instagramなどで投稿の内容が 「いいね」といった尺度で数値化されていることはご存知かと思いますが、 SNSユーザーの多くがこの「いいね」に 良い意味でも悪い意 ...

5

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer Onlineの 強化作業が続いております。 毎日更新を抑えたので、 アメブロ・facebook・YouTubeなどの ...

6

投稿をしていると改善したいところが 少しずつ出てくるもので、 私の文章発信の形式も、 日々、少しずつ変化させていっています。 それと少し関連するのですが、 少し前からfacebookの文章発信にて、 ...

-思考・視点, 時間管理, 気付き・学び

Copyright© Info Buyer Online , 2017 All Rights Reserved.