物事を冷静に捉える力を与えるものこそ“情報”だったりする

2016/07/09

人気ブログランキングへ

letter-1173830_640
熊本の地震のニュースが
次から次へと届いておりますが、
東日本大震災とは違い津波がないにしても、
度重なる大きな揺れの知らせが、
その重大さ・深刻さが伝わってきています。
 

スポンサードリンク

自分は東日本大震災の時に
たまたま福島に居たので、
あの震災を直撃していました。
 
大学のサークル活動の合宿で、
あの地震に遭って、
宿泊していた建物は壊れ、
連絡手段も殆ど断たれ、
暖房器具なども使えない…、
といった状態だったのですが
 
その時の揺れの震度が
どれぐらいかすらわからないほど
情報が殆どなく、
 
大学生ノリというのも
あったかもしれませんが、
皆、“ハイ”なテンションに
なっていたのを覚えています。
 
悲しい、だとか、辛い、
と言った気持ちはまだ訪れておらず、
 
【なんだかよく分からない】
という気持ちが強く、
“ヤバくね!?”・“どうすんの!?”
という言葉が飛び交っていました。
 
そして3月11日は、
結局宿泊していた旅館は
宿泊出来るような状態ではなかったので、
約半日かけて移動して場所を変えて、
別の旅館に泊まったのですが、
 
そこにあったテレビから流れる
中継を見て初めて、自分たちが
とんでもないところに
いた事を知ったわけです。
 
何が起きてるかわからない、
連絡が取れない、泊まる場所が見つからない、
というような八方ふさがりな状態から生まれた
あの異様に高いテンションが一気になくなり
 
急に冷静になって、言葉すら出なくなり、
皆でそのテレビ画面を
ジッと見ていた光景は
今でも忘れられません。
 
 
そう言った出来事から、
感情が揺さぶられていたり、
妙に昂ぶってしまっていたりする時に、
冷静な視点を与えてくれるものこそが
実は情報だったり、
外部からの声なんじゃないかと思うわけです。
 
 
寄付などをするべき、
という声もありますが、
まずは一声被災された方に
何かしらの連絡を入れて、
コミュニケーションを取ってみるというのも、
一つのカタチかもしれません。
 
“そっちは大丈夫?”
という声をかけていくような小さな思いやりも
お金のかからない寄付に
なるのではないでしょうか。
 
 
熊本周辺の震災で被災された方々の
早期の復興を願っております。


※本日の投稿に共感いただけましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

社長ブログ ブログランキングへ

YouTubeのチャンネル登録を
お待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!




【初めてお越し頂けた方へ…】
このブログについて、説明しています!
http://mocky.xsrv.jp/blog_b





※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

-思考・視点
-, ,

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1
ブログのアクセス強化!私が実践して効果があった教材・情報を共有します

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer ...

2
DeNA社運営Welq(ウェルク)の致命的な大失態から学ぶ「キュレーション型サイトの限界」

ここ最近DeNA社が運営しているWelqが問題を起こしているのはご存じでしょうか ...

3
スタンフォード監獄実験から見る“役割作り”

仕事であっても、プライベートであっても どんな分野でも人間は“役割”を演じていま ...

4
メルマガ始めて早3年。良かったこと、失敗したこと

メルマガを書き始めて早3年が経ちました。 書き始めは右も左も分からない状態で、 ...

5
脱・時間貧乏!成長したい人が本当に求めるべきものは“孤独”なのかもしれない。

人との関わりやつながりなどが 重要視されている昨今ですが 私はそう言った時代だか ...