『“拙”速』を意識して失敗したこと

2016/05/19

人気ブログランキングへ

paper-224224_640
Googleの検索のアルゴリズムを
学んでいった時に興味深かったものは
 
“内容の薄いページの比率が多いと、
ページ全体の評価が下がる”
 
ということです。
 
スポンサードリンク

 
例えば私がブログを作ったとして、
Aという記事を1つ投稿したとします。
 
このAの記事は内容も作り込んでいて、
必要な情報がまとまっており、
まるで“本”のような
素敵なコンテンツと
呼べる内容となっていました。
 
 
ただ、そのほかに
BからZまでの記事も更新したとして
 
それらの内容は1行ぐらいしか
書いていない内容だと、
もちろんB〜Zまでの評価は
ネガティブに判定されてしまいますが、
 
これらを掲載しているページは
“内容が薄い”ともされてしまい、
ページ全体をネガティブに判定されるため、
 
間接的に“Aの評価”も
下がってしまうのです。
 

まだ検索エンジンがシンプルだったころ、この「ページが多いほど、検索エンジンに評価される」という仕組みを逆手にとって、サイトのページをやみくもに増やして評価を上げる人たちがいました。彼らにとっては残念ですが検索エンジンは日々進化しています。
ページの内容もわかることができるようになった検索エンジンは、品質の低いサイトを評価しなくなりました。ユーザーを無視し、検索エンジンの評価をあげるためだけの悪質なものに対しては、ペナルティを課すほどの成長です。
1記事1記事の内容が薄い。もしくは、内容の薄い記事の割合が高いと、ドメイン(サイト)全体の評価が下がってしまうことがあります。

特に1ジャンルに特化していない、幅広い情報を扱っているごった煮系の日記ブログで起こりやすいです。

つまり、ビジネスの一環として
検索してもらえる、
多くの人から見てもらえる、
注目度を上げていく、
といったことを考え、
 
“良質なサイト”を
構成していくのなら
 
出来ることならB〜Zも
ネガティブに判定されないほどの
クオリティを維持しつつ、
 
ブログやページ全体を
“コンテンツ化”していく
必要があるのです。
 
 
もちろん、趣味やプライベートなどで
ページ運営を考えているのならば、
こう言ったことは
考えなくても良いと思うのですが
 
少しでも“ビジネスとして”
活用していくのであれば、
1つ1つのページの“質”を
追求していきたいものです。
 
 
少し、話は変わりますが、
よく、個人ビジネスをされている方の
情報発信の内容として、
“拙速”という言葉があります。
 
これは、孫子にて
“巧遅は拙速に如かず”
という言葉を引用し、
 
スピード感の重要性を説く時に
よく使われる単語ですよね。
 
が、これをそのまま鵜呑みにし、
それを意識して記事更新をしていくと、
冒頭に挙げたような
罠に引っかかります。
 
 
例えば記事を書いたとして、
毎日1行や3行ぐらいの内容しかなく、
“記事を書くことが目的”、
あるいは“スピード重視にしか”
目が向かないでいると、
 
知らず知らずに“劣悪なサイト”を
生み出してしまっている
危険性もあるわけです。
 
 
もちろん、だからと言って、
“巧遅だけ”を
支持するわけではありません。
 
作戦を練るだけ練って、
結局前に進まないのでしたら
それは何もしていないのと
同じですからね。
 
 
ただ、拙速はあくまでも
“拙”速ですから、
 
それを拙くしないための、
あるいは“巧”にするための
手直しは必要になるはずです。
 
 
こう言った検索最適化について
学ぶようになってから、
 
記事を書く上で、自分は定期的に、
文章の内容を増やしたり、
内容を濃いものにするように
手直しをするようになりましたが、
 
同時に様々な分野で
“拙速”を意識してきたところへの
メンテナンスが必要に
感じるようになりました。
 
 
スピード感を持って、
様々なタスクに取り組む事は
素敵なことだと思いますが、
 
それが少しでも
“拙”だと思ったのならば、
 
余裕がある時に“巧”にするための
手直し、メンテナンスを
忘れないようにしたいですよね…!

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

-ビジネス書の真実
-, , , , , , , , , , ,

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1
ブログのアクセス強化!私が実践して効果があった教材・情報を共有します

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer ...

2
スタンフォード監獄実験から見る“役割作り”

仕事であっても、プライベートであっても どんな分野でも人間は“役割”を演じていま ...

3
メルマガ始めて早3年。良かったこと、失敗したこと

メルマガを書き始めて早3年が経ちました。 書き始めは右も左も分からない状態で、 ...

4
脱・時間貧乏!成長したい人が本当に求めるべきものは“孤独”なのかもしれない。

人との関わりやつながりなどが 重要視されている昨今ですが 私はそう言った時代だか ...

5
カウントダウンジャパンから学ぶ“コンセプトメイキング”

写真だとめっちゃ暗いですが…笑 カウントダウンジャパン15/16に 行ってきまし ...