文章を書くコツとして意識したい「ペルソナ設定」〜なぜ「Twitterのエアリプに腹が立つ」のか?

2017/01/02

人気ブログランキングへ

面白い文章、笑える文章、感動させる文章など、
情報発信には色々な形式があると思いますが、
記事を書く上で一度は

「良い文章を書きたい」

と思ったことはあることでしょう。

自分は記事作成は思ったことをどれだけ文字に起こせるかが大切だと思うので
「ライティング能力を高める」「文章力が必要」
という考え方はあまり好きではない
のですが、
それでも文章を書く上で最低限心得ておいた方が良いことがあるとは思っています。

今回はその文章を書く上で考えておきたいコツについて考えていこうかと思います。

スポンサードリンク

「Twitterの発言」と「文章発信」の意外な共通点

Twitter、使っていますか?

自分はプライベート用のアカウントを使って、昔の友達と交流したり、
あとはビジネス用のアカウントとして勉強になったものをふぁぼったりして使っています。

他にも情報収集専門(インプット目的)として使っていたり、
愚痴を吐き出す場として使っている方もいるようで、
本当に使い方はさまざまですよね。

しかしTwitterにはこのようなメリットがある中で、
「鬱イート」などのネガティブな言葉もあり、
必ずしも「SNSが生活を豊かにしている!」というわけではどうやらなさそうです。

そんなことを考えながら
少し前に「エアリプ」について別サイトにて記事をまとめたのですが、
情報を集めていると思いの外多くの方が
エアリプに対してストレスを溜め込んでいるようで、
「これがSNS疲れって奴やな……」と唸ってしまいました。

ちなみにエアリプについての記事は別サイト
「SocialMedia Info(ソーシャルメディアインフォ)」にて掲載中です
→Twitterユーザー最悪の愚行「エアリプ」が引き起こす問題とは?

「エアリプ」とは?

「エアリプ」を超簡単に解説するとこんな感じ。
ソーシャルメディアインフォからの引用です。

通常であれば、他ユーザーに対する返信をタイムライン上で行う場合、

特定のユーザー名を指定して【@ユーザー名】から始まるツイートを送ります。これを「リプライ」と呼びます。この場合はツイートの送信者と受信者の両方をフォローしていない限り、第三者へのタイムラインにこのツイートが表示される事はありません。
「エアリプ」とは、この【@ユーザー名】を指定せずに返信をする行為を指します。
Twitterユーザー最悪の愚行「エアリプ」が引き起こす問題とは?

例えばあなたが【今日の晩御飯は○○で食べた。美味しかったなー】といった内容をツイートしたとします。
それに対して、あなたのフォロワーの誰かが【○○とかマズ過ぎ。あんな店で飯食うやつは舌がおかしいんじゃないのw】といった内容のツイートをしたとします。そのツイートをあなたが見たとき、きっと自分のツイートに対しての嫌味かと怒りを覚えるはずです。

ですが、そのツイートがあなたに対するリプライである証拠はどこにもないのです。何故なら【@ユーザー名】は指定されておらず、ツイート内容の中にもあなたの名前は一切書かれていないからです。

もしもあなたが怒りに任せて相手に【それは自分の事なのか】とメッセージを送ったとしても、相手が【うちの近所にある○○が美味しくなくてつい呟いてしまった。ごめんなw】と言えば、それ以上あなたに言える事は何もないのです。
Twitterユーザー最悪の愚行「エアリプ」が引き起こす問題とは?

とまぁこんな感じですね。

で、ここでいう「あなた」がフォロワーの「〇〇マズすぎwww」ってツイートを見たことによって超腹立つと思うのですが、そもそも何故腹が立つのでしょうか?
これは答えは下に書いているように「自分のことのように感じたから」というものは非常に大きいでしょう。

今回はエアリプを題材にしましたが、このように私たちは

「自分に関わることが書かれていると、
めちゃめちゃ気になっちゃう」


のです。

これ、文章発信で使いたいと思いませんか??
 

良質な記事を書く方はみんなやってる「ペルソナ設定」

ということでだいぶ前置きが長くなってしまいましたが、
文章を書くときには、万人受けするような内容ではなく
「1人に向けて書く方が刺さる」という話があります。

これもエアリプが超腹立つという事例と合致している部分もあるのではないでしょうか。

エアリプの発信内容が
「まるで自分のことを言われているように感じる」ことを逆手にとり、
「誰か特定の人物のことを言っているように書く」ことで、
その「特定の人物に該当する人物」に対し、
文章に説得力が増すようになるのです。

そこで意識したいものが、そのサイトにはどんな人が来るのかを想定すること、
いわゆる「ペルソナ設定」というものをしっかりしたいですよね。という話です。

そもそも「ペルソナ設定」って?

ペルソナとは「商品やサービスを販売・提供する上で最も大切なユーザー像」のことを指します。
このユーザー像を設定するために、例えば年代層・趣味・生活パターンなどを想定して行くことを「ペルソナ設定」と言います。
本当に実在する人間のように細かく作成していき、価値観や生活様式にまで分析していく方法が一般的ですね。

これをあらかじめ用意しておき、その方に向けたコンテンツ作りを行うことで、
刺さるサイト、刺さるコンテンツ、
そして刺さる商品が見えやすくなるというメリット
があるのです。

1人の人間像を予め想定したサイト作りを行い、
その人に刺さるようにコンテンツを作っていく、ということですね。

ペルソナ設定はどのように行えば良いのか?


ペルソナ設定を行う場合には、まずはいくつかのルールがあります。
これを把握せずに設定してしまうと、効果があまり見込めないため極力守っていきましょう。

ペルソナ設定で極力避けるべきこと


・実際に存在する人物を再現するように設定する

「20歳あたりの男性」と言った形だけで終わらせず、
生活様式や性格などもまとめて、リアリティのある人物像を描くことが大切です。
その方に向けて文章発信を心がけることで「その人物」に該当する方の心に刺さるメッセージを書きやすくなります。
 
 
・「都合の良い人物像」を描かないように意識する

これはやってしまいがちですが、そのような属性のユーザーは居ないにもかかわらず「こういう人に来てもらいたい」という形で人物像を設定しても、効果がない可能性もあります。

もちろん理想の顧客層を想定するのは悪いことではありませんが、それをするためにはその顧客層が本当に市場に存在しているかどうかを把握しなければなりません。
個人的にはペルソナ設定を行う場合は「既存顧客の属性をしっかりと把握する」方がターゲティングしやすいと考えています。

自分のサイトにはどんな人が来ているのかを知る

前述した内容を意識しつつ、自分のサイトにはどんな人が来ているのかを調べていきましょう。
HPをお持ちの方はGoogleアナリティクスを使用して年代や性別を把握するのも良いですし、アメブロなどのブログ運営をされている方は、実際に問い合わせを貰った方の年齢層などを把握することでざっくりとは分かるはずです。

その中で良く訪れてくれる「年代」「性別」などを把握し、
その年代性別に該当する生活様式を複数のデータで調べていきます。
例えば総務省のデータ、厚生労働省のデータなどの資料を参考にするのも良いですし、さまざまな調査を集約してくれているサイトもあるため、それらの資料を参考にするのも効果的ですね。

例えば調査のチカラというサイトでは、さまざまなデータを集約してくれているため、日本人の生活様式を学ぶ上で非常に参考になります。
一種のまとめサイトではありますが、情報発信のヒントとしてはめっちゃ参考になるため、良かったら情報発信のネタにでもご利用ください^^笑

と、このような情報を収集していき人間像を作っていくようにしましょう。


Info Buyer Onlineのペルソナは?

因みにInfo Buyer Onlineのペルソナは複数ありますが、
だいたい軸としては似たようなところにあります。
閲覧者のデータや、頂いたメール・メッセージなどから
こんな感じの方が当サイトのペルソナです。

※こちらで紹介する人物はペルソナのため、全て架空の人物です。

【名前】三谷 大樹(みたに ひろき)
【年齢】26歳
【性別】男性
【仕事】飲食店の従業員
【性格・生活パターン】
人当たりが良く誰からも好かれるタイプだが、俗にいう「良い人」と思われることが多く、なかなかNOと言えない点が悩み。飲食系の仕事のため、基本はシフト制での仕事がメインで、土日に仕事が入ることも良くあり休みは不定期。
四年制大学にも卒業ししばらく仕事を続けているが、貯蓄はほとんどなく彼女も居ないため結婚願望もそこまで強くないが、このまま人生を終わらせるわけにはいかないという気持ちもあり、ワンランク上の生活ができる方法を模索している。情報収集はインターネットが中心だが、自己啓発書に興味があり書店に立ち寄るとついつい購入してしまう。

【名前】山崎 健一(やまざき けんいち)
【年齢】35歳
【性別】男性
【仕事】塾講師
【性格・生活パターン】
任された仕事は最後までやり抜く真面目な性格。
人と接することが好きで塾講師を始めて数年経ったが、資料作成などからとにかく仕事が忙しく、タイムマネジメントを徹底しようと考えている。
最近は作業効率化のために生活パターンを朝型にし、夜に残っていた仕事を朝に行うようにしたが、それでもやはり家族との時間がなかなか取れず、このままではいけないと考え後々起業をするために副業を決意。

ブログやSNSで文章を書くことでビジネスにつながり、そしてお金や自由な時間を手にすることができることを知り「これなら自分でもできるかも」と感じたのがきっかけで、過去に30万円の「稼げる系の塾」を分割払いで購入した。しかし教材の内容の大半が「マインドという名の精神論」や「スパム的な方法」で構成されているものに手を出してしまったことに後になって気づく。

「行動することが大切」という教えを守り、元々の真面目な性格もあったので、最後までやり抜きたい気持ちは確かにあったが、少しずつ「本当にこれがビジネスというのだろうか」という気持ちがどんどん膨らみ、結局サポート期間中に成果を出すことはできずに断念し、泣く泣く残りの分割支払い分の金額を支払っている。

会社員の給料とは違った収入源が欲しいと考えているが、何をすれば成果が出るのかがいまいちパッとせず、過去の失敗もあって、良くあるネットの副業系情報もリアリティが無いように見えて「怪しい……」と感じてしまうことが多い。

副業を始めた時はセミナーなどにも頻繁に参加することもあったが、最近の情報収集はインターネットやSNSが中心。

エアリプに学び、ペルソナ設定を意識した文章発信を心がける

この辺りまで人間像をリアルにしておけば、今度はその方のニーズを満たすことができるコンテンツ作成や商品設定が行いやすくなるでしょう。
これらの人に向けて、自分が思っていること、考えていることを発信しておくことが大切です。

そうすると読み手にとっては「あっ、これ俺のことだ……」と感じるようになり、
それが共感を生むきっかけになります。

もしサイト運営をどのようにしていけば良いか迷っている方は、
まず自分のサイトにはどんな人物が訪れるのか、閲覧者のコメントやメッセージ、
アナリティクスなどデータから情報を収集し、ペルソナ設定を行ってみましょう。

話は戻りますがエアリプの発言が刺さる点がまさにここで、
「自分のことを言われている」からこそ感情が湧き上がるものです。

その心理を効果的に活用し、自分の文章発信につなげていくことが、
他の文章に負けない良い文章を作成する第一歩になるのではないでしょうか。

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

Photo By: Nicolas Nova

-SNS・ソーシャルメディア, ブログ運営, 伝え方・伝わり方, 価値創造, 心理, 深い情報発信

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1
ブログのアクセス強化!私が実践して効果があった教材・情報を共有します

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer ...

2
DeNA社運営Welq(ウェルク)の致命的な大失態から学ぶ「キュレーション型サイトの限界」

ここ最近DeNA社が運営しているWelqが問題を起こしているのはご存じでしょうか ...

3
スタンフォード監獄実験から見る“役割作り”

仕事であっても、プライベートであっても どんな分野でも人間は“役割”を演じていま ...

4
メルマガ始めて早3年。良かったこと、失敗したこと

メルマガを書き始めて早3年が経ちました。 書き始めは右も左も分からない状態で、 ...

5
脱・時間貧乏!成長したい人が本当に求めるべきものは“孤独”なのかもしれない。

人との関わりやつながりなどが 重要視されている昨今ですが 私はそう言った時代だか ...