MCNから学ぶ、コラボレーションの大原則

2016/06/13

人気ブログランキングへ

5095322c5c483843c8e59de9a70d0571_m
 
○○さんとお会いしたい!
○○さんとコラボしたい!
○○さんと一緒にビジネスがしたい!

 
こういった事を思うのであれば
YouTubeの現状を知ってみると
新たな発見があるかもしれません。
 
 
自分はYouTuberではありませんが
過去に少しYouTubeを
勉強したことがあるので
その時に知った知識なのですが
 
このビジネスモデルの
『光と陰』は
どんな場面でも
勉強になると思ったので
 
 
本日は少し長文になるかと思いますし
ややマニアックな話に
なってしまいますが
是非、お読み頂けますと嬉しいです…^^
 
 スポンサードリンク

MCNってご存知?プロダクション会社の存在を把握する

YouTubeをよくご覧になっている方は
“MCN”というものを
ご存知の方も居るかと思いますが
 
知らない方も
多いかと思いますので
少し説明いたしますと、
 
MCNとはテレビ業界で言う

“芸能事務所”

のようなものを言います。
 
 
YouTuberと呼ばれる
動画投稿で生計を立てている方の
マネジメントをはじめとして、
 
動画コンテンツのプログラム制作や
プロモーションも請け負う業態が
主流となっていて
 
元々がアメリカからスタートした
ビジネスモデルでした。
 
 
MCNは所属するYoutuberが
動画投稿で得る収益やグッズの販売、
企業とのタイアップで得られる収益の
約20%の手数料を支払うことで
会社全体の収入としていて、
 
 
『○○人が所属している!』
といったような会社規模と、
 
『ウチには○○さんが居ますよ~!』
といったように
所属するYouTuberの影響力等を
営業の時の1つのカードとして
 
様々な企業のCMを
取ってくるといった仕組みのようです。
 
 
例えば日本で最も有名な
Youtuberと呼ばれている
HIKAKIN氏や、はじめしゃちょー氏も
 
“uuum”(ウーム)と呼ばれるMCNに
所属されているようです。
 

MCNは現在、多くのYouTuberを量産しようとしている

そして、今、
多くのYoutuberを巻き込んで
『MCNに入りましょう』
といった流れになっているようです。
 
例えば今はもう
募集は終了しているとは思いますが
先ほど挙げたuuumも、
 
『1000人のYoutuber募集!!』
 
といった広告が様々なサイトで
掲載されていたのが
記憶に新しいですね。
 
 
『あのMCNに入れば、
俺も有名人に!?』
 
『私もあのMCNに入ったら、
憧れの○○さんと一緒に
コラボ動画が撮れるかも!?』
 
といった事を
YouTuberに強い憧れを持つ方が
思うようになるのです。
 
 
しかも重要な点は、
『動画配信の力の少ない方』でも
 
このMCNには、
意外と簡単に所属することが
出来るそうで、
 
実際にuuumの
“1000人YouTuber募集”では
 
チャンネル登録者が
『100人以下』の方
でも
採用されたという噂まであり
 
 
これをfacebookで例えると、
友達の人数が100人ぐらいしか
居ないような方でも
 
企業から仕事がお願いされるという
チャンスが回ってくる…
という事になります。
 
 
これだけの話を聞くと
やけに大盤振る舞いだなぁと
思いがちになってしまいますが、
 
実はこれには
企業の目線で物事を考えてみると
“裏側”のような側面も
あることが見えてきます。
 
 
まず、MCN側は
所属する配信者が多くなることで
 
その『配信者の多さ』を
アピールポイントとして企業に
営業をかけることが可能になります。
 
 
『ウチには○○人もの
動画配信者が居ますので
影響力のある会社ですよ!』

 
と言う事が出来るということですね。
 
 
ただし、
商品紹介を依頼する企業側は
『影響力が強い配信者』
お願いしたいはずです。
 
 
例えばFacebookで、
自分の丹精込めて作ったリンゴを
誰かに紹介してほしいのでしたら
 
 
友達が50人ぐらいしか居ない方と
友達が5000人いる方、
どちらに紹介して貰いたいか考えれば
誰がどう考えても後者でしょう。
 
 
ですので、MCNの運営側も
商品紹介をする際は基本的に
力の強い配信者に
お願いする可能性が極めて高く、
 
結局、力が足りない配信者は
MCNに所属しても
 
“あの有名な○○さん”とは
コラボすること等出来るわけもなく
 
『20%のマージンを取られるだけ』
という事にだって
なり兼ねないのです。
 
 
そんな一方、力の強いYouTuberには
このようなビジネスモデルを敬遠し
 
敢えてMCNに所属しないといった
スタンスで居る方もいらっしゃいます。
 
 
ところが、そういった方が
YouTubeでの情報発信力が
他を圧倒する程、猛烈に強くなると、
 
今度はMCN側から
スカウトが来るようになるという話を
以前耳にしました。
 
MCNとしても
『ウチには○○さんが
所属していますよ~』と
言えるようになりますからね。
 
 
ここからが面白い話なのですが、
しかも、MCN側からは
 
『ここだけの話ですが、
本来ならばマージンを
頂いておりますが
 
○○さんは特別に
手数料なしで構いません…!』
 
という約束までして頂ける企業が
(どこかまでは分かりませんでしたが)
あるとさえ言われています。
 
 
この情報を聞き、
自分はこのモデルが様々な意味で
『非常に面白い』と感じています。
 
 
情報発信力が強くなるにつれ
個人の“価値”というものが上がり
 
今回で言う“手数料20%”以上の
“価値”が認められた時
 
その団体に『居てくれること』が
価値になるのだという事を
学ぶことが出来たからです。
 
 

インフォ業界でのコラボに関しての考察

情報業界では
一緒に対談動画を撮ったり
一緒にビジネスを行ったりなどの
 
『コラボ権利』というものが
数万~数十万円等の有料で
販売されていることを見かけますが
 
 
今回お伝えした
MCNの現状を学び、
 
まずは自分1人の力で
発信力を磨くべきなのではないかと、
強く考えています。

 
 
逆に何十万も
お金を支払ったとしても
 
個人で情報を伝える力が
充分に備わって居ないのであれば
 
そこで得られる
知名度や影響力など刹那的なもので
すぐに地に落ちてしまいますし、
 
大事なお金を
水の泡にしてしまうものです。
 
 
今、自分にも嬉しいことに
対談動画や、
直接お会いしたいという言葉を
頂ける事も多くなり、
 
以前では絶対に
会うことが出来なかった様な方とも
お会いするチャンスに
恵まれるようになりました。
 
 
ですが、
そこにかけたお金は殆どなく
日々の発信力を磨き上げた結果だと
強く思っています。
 
 
冒頭に挙げたような
 
○○さんとお会いしたい!
○○さんとコラボしたい!
○○さんと一緒にビジネスがしたい!
 
といった思いを
現実にするためには
 
自分がその“○○さん”に
見合うような“価値”を
生みだせる人間になるまで
徹底的に個を磨き上げること
が、

本当の意味での
コラボレーションを実現するための、
重要なエッセンスなのではないでしょうか。

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!

人気ブログランキングへ
スポンサードリンク

-info-buyer, チーム・コミュニティ, 深い情報発信
-, , , , , , , , , , ,

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1
ブログのアクセス強化!私が実践して効果があった教材・情報を共有します

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer ...

2
何故、フィリピン人家政婦の評価は高いのか?

日本人は、 『綺麗好き』で『掃除嫌い』という ちょっと変わったデータが出ています ...

3
スタンフォード監獄実験から見る“役割作り”

仕事であっても、プライベートであっても どんな分野でも人間は“役割”を演じていま ...

4
メルマガ始めて早3年。良かったこと、失敗したこと

メルマガを書き始めて早3年が経ちました。 書き始めは右も左も分からない状態で、 ...

5
脱・時間貧乏!成長したい人が本当に求めるべきものは“孤独”なのかもしれない。

人との関わりやつながりなどが 重要視されている昨今ですが 私はそう言った時代だか ...