情報を仕入れて、各地に全国配送。

Info Buyer Online

Photo By: Alan Levine

大学生の情報

ピアノを『叩く』ことで得られたこと

更新日:

今までちょいちょい
楽器関係のお話をしていましたが、


実は私は、
ピアノを『弾く』ことが、大の苦手です。

ですが、
ピアノを『叩く』ことには、
絶対の自信を持っています。

大学1年生の春、
プロのピアニストが奏でるような、
美しい旋律に憧れて、

初心者でも入ることが可能な、
ビッグバンド系の音楽サークルに、
加入することになりました。

主旋律の裏側で、
ギターやベース、
ドラムなどのバンド隊の1つで、

ピアノ、シンセサイザー等を担う
鍵盤パートに入ったのです。

音符は読めたものの、
演奏面はほぼド素人。

やはりピアノ未経験ということで、
入部してからしばらくは
ピアノで出演することは認めて貰えず、

エレクトーン経験があったので、

設定されている音色を使うだけの、
簡単なシンセサイザーの曲を
任せてもらいながら、
こっそりピアノの練習をしていきました。

1年生の夏、
初めてピアノをお客さんの前で
演奏することになったのですが、
出来は最悪。

電子楽器で慣れていた分、
鍵盤の重さに戸惑って
テンポは乱れ、音ミスもあり、

反省点ばかり残る
残念な結果になってしまいました。

その中でも自分の最も嫌だった所が、
指1つ1つに力が入りすぎて、

鍵盤を弾くというよりは、

鍵盤を【叩く】
 

という表現の方が正しいほど、
攻撃的な弾き方になっていた点。

先輩方の綺麗で美しいピアノの旋律を
羨ましく思い、
何度も何度も真似しようとしましたが、

何故か先輩方の弾く
美しいメロディーを自分で弾いても、
綺麗に弾くことが出来ず、
攻撃的な弾き方になってしまう…

だからこそ、
ピアノが目立つバラード調の曲は
自分の『素人ぶり』を露呈してしまうので、

それだけ
コンプレックスに思うようになりました。

『俺ってピアノ向いてないなぁ~~』

と漠然と思い始め、

ある日、当時自分が
ピアノを担当していた曲の指揮者に

どうすれば、
鍵盤を叩くように弾く癖を改善し、
皆に認めて貰える、美しいピアノを
弾くことが出来るかを相談してみました。

返ってきた意外な答え。“らしさ”について考える。


しかし、その指揮者は、
その叩くというスタイルを、
改善しろと言わず、

もっと攻撃的な音を出せるようにしろと
自分の弾き方を、今以上に極めるよう、
ピアノを叩くことを奨励したのです。

なんでだろう・・・?と思うも、
音楽を教えて貰っている
指導者の通りにやってみようと思い、

言われたとおり、
『叩く』という自分の癖を無理に修正せず、
毎日欠かさず練習をしていると・・・

なんと、次第に、
ピアノでオファーされることが増えたのです。

担当するようになった曲は
バラード調なものではなく、ジャズなどの
要所要所でインパクトの強い音を要求するような曲

この時初めて、自分は

『他の先輩方にはない弾き方で
ピアノを弾くことが出来ていたんだ』

ということを知り、

知らないうちに、
【鍵盤パートの中で誰もいないポジション】
に、行くことが出来ていた…

ということを知ることになりました。

今までサークルの鍵盤パートは、

小さいころからずっとピアノを練習していた
ピアノ経験者がひしめき合っていたため、

『綺麗に演奏する』というポジションで
No.1になることは難しかったかもしれません。

でも『ピアノを叩く』という
パーカッション(打楽器)的な
意識を持った弾き方をしている人は、
当時のサークル内では誰も居なかったので、

ピアノ未経験の私でも、大きな注目を浴び、
何人かの方からは、
『この曲はモトキにやってもらいたい』
と言って貰えるようになり、

次第に音楽経験者の同期や先輩方からも
認められるようになったのではないかと、
今では思っています。

【誰もやっていないジャンルで1位になれ】
というような言葉はよくありますが、

ピアノを叩き続けた実体験からも、
その大切さが分かります。

これから頑張っていく事でも、
行き詰りを感じるようになったら、

こういった着眼点を、
しっかりと意識して、
行動していきたいですね!

※本日の投稿に共感頂けましたら
是非、ブログランキングのクリックを
宜しくお願いします…!


人気ブログランキングへ

YouTubeのチャンネル登録をお待ちしております!

まだ、登録されていない方は
下の『YouTube』のボタンのクリックを
宜しくお願いします!

おすすめの記事はこちら

1

Info Buyer Onlineのブログも少しずつ進化してきましたね。 今更感満載ですが、やっと自分の中で「読み込める感じ」になってきたような気がしてます。 最初はアメブロ(今はサブブログという形式 ...

2

仮想通貨元年という言葉も浸透し、 暗号通貨に関心をお持ちの方も今では珍しくなくなってきたように感じます。 自分も今BTCだけでなくETHやXRP、XEMなどを少額ですが持って運用していますが、 他の投 ...

3

「検索力」という言葉を考えるようになった今日この頃なのですが、 最近ネットの情報の信憑性が物凄く高いものと ゴミクズみたいな記事との二極化が進んでいるように感じています。 というのもこんな記事を読んだ ...

4

facebookやTwitter、Instagramなどで投稿の内容が 「いいね」といった尺度で数値化されていることはご存知かと思いますが、 SNSユーザーの多くがこの「いいね」に 良い意味でも悪い意 ...

5

さてさて、毎日更新を封印してから 他ブログの充実化と、 このInfo Buyer Onlineの 強化作業が続いております。 毎日更新を抑えたので、 アメブロ・facebook・YouTubeなどの ...

6

投稿をしていると改善したいところが 少しずつ出てくるもので、 私の文章発信の形式も、 日々、少しずつ変化させていっています。 それと少し関連するのですが、 少し前からfacebookの文章発信にて、 ...

-大学生の情報

Copyright© Info Buyer Online , 2017 All Rights Reserved.